2019.04.01 早川町・早川町教育委員会との協力連携協定締結について

3月25日、早川町役場にて早川町・ヴィジョナリーパワー・早川町教育委員会の3者で
「暮らしやすい早川町を推進し、地域活性化を実現するための協力連携協定」
の調印式を行いました。

本協定は町内から流出するエネルギー費を削減し、再生エネルギーの普及と地産地消を進めることや、
次世代を担う子どもたちをより良い環境で育てるための教育事業を推進・支援すること、
暮らしやすい早川町を実現し、移住促進に結びつけることなどを主な趣旨として掲げています。

具体的には、本協定に基づいて電気料金の削減による早川町からの流出エネルギー費の削減と同時に教育事業を行います。

まず4月から、町内の3つの小中学校に対しヴィジョナリーパワーが電力供給を始めます。
新電力への切り替えによって、およそ数十万円の料金削減が可能になりますが、
その削減相当分をヴィジョナリーパワーが留保し、早川町の教育事業にあてるというスキームを立てています。

次世代を担う子どもたちをより良い環境で育てるための具体的な教育事業として、
ヴィジョナリーパワー設立の本来の目的でもある「起業創業」促進のための子どもや青少年に対するセミナーの開催や、
児童・生徒の教育イベント、町が実施する「義務教育無償化事業」の経費充当を考えています。