2019.07.18 起業家応援料金プランの紹介

県内での起業から5年以内の起業家を対象に、電気料金の削減率を最大で0.5%分割り増しするプランを作って、順次適用を始めています。

第一号の適用対象は、県内での起業を支援する「Mt.Fujiイノベーションキャンプ(2016年度)」に参加し、
始動部門の最優秀賞を受賞した天花寺弓子(てんげいじゆみこ)さんで、この4月から新しい応援料金での電力供給を開始しています。

代表の天花寺さんは大阪で長年、輸入ワインのインポーターをしていましたが、
ある女性の醸造家との出会いをきっかけに自らが生産者になることを決意し、
2010年に山梨県に移住、山梨大学大学院で醸造学を学びました。

2016年度のMt.Fujiイノベーションキャンプ始動部門にて最優秀賞を受賞し、
2017年に自らのワイナリー「ドメーヌ・デ・テンゲイジ」を設立しています。
2.6ヘクタールの自社圃場を保有しており、2018年度にはおよそ9,000本のワインを製造しています。

ヴィジョナリーパワーでは、当社の設立の目的でもある県内での起業家拡大を支援するため、
起業家育成(応援)の料金プランを特別に用意しています。
対象となる条件は、Mt.Fujiイノベーションキャンプへの参加者、または起業後5年以内の企業かであることなどで、
電気料金の削減率を最大で0.5%割増し、期間は1年間となっています。

大阪から山梨県に移住して、自らのワイナリーを起業した天花寺さんは、起業家応援の目的に当てはまると判断して、第一号としました。
ヴィジョナリーパワーでは、今後もプランの趣旨に沿う県内の起業家に対して、この料金プランも含めて支援していくことにしています。

ドメーヌ・デ・テンゲイジ HPはこちらから→ http://tengeijis.com